甲状腺に関わるもの

現在ではさまざまな症状が存在しています。その中でも最近聞かれるのには、バセドウ病と言った病気があります。これは心臓の脈と大きく関わる事がひょうされているのです。

Read More

知っておきたい内容

脈に関係している病気にはバセドウ病といった病気が存在します。この病気では気分の上がり下がりが激しいとなっていて病気になる原因が判明していないとされているのでここで知っておきましょう。

Read More

食事療法の意味

今やたくさんの女性に表れている病状には甲状腺の病気があります。その症状に対してあるのが毎度の食事を考えた食事療法といったのがあるのです。この食事療法についてです。

Read More

新人代謝に関わる事

新陳代謝を活発

甲状腺の病気と言えば、甲状腺機能亢進症と甲状腺機能低下症がよく知られています。これらは甲状腺ホルモンの分泌が盛んになりすぎるか、逆にホルモンの分泌が少なくなりすぎるかで起きる病気です。 甲状腺は、喉ぼとけの下にある蝶のような型をした小さな臓器です。重さはわずか10gですが、この臓器で甲状腺ホルモンを作って分泌しています。甲状腺ホルモンは新陳代謝を活発にするホルモンです。子供の成長にも欠かせない重要なホルモンです。 甲状腺の病気になる原因は、まだはっきりとはわかっていません。遺伝が関係すると言われていますが、必ず遺伝する訳でもありませんし、遺伝しても必ず発病するとは限りません。特に男性は発病しにくいと言われています。

診断に時間がかかる

甲状腺の病気は、甲状腺ホルモンの分泌が多い場合と少ない場合で真逆の特徴があらわれます。 甲状腺ホルモンの分泌が活発になりすぎることは、すなわち新陳代謝が活発になりすぎる状態です。子供が成長する過程のようなものでしょうか。食欲旺盛で汗かき、食べても食べても太らないどころか体重が減少します。この特徴を悪用して、過去に動物の甲状腺をもとにしたダイエット薬が、販売されたことがありました。しかしこの病気の特徴は、痩せるばかりではありません。代謝が活発になりすぎるため動悸がしたり、手が震えるなどの特徴も現れます。 甲状腺ホルモンの分泌が低下すると、代謝が落ちるためむくみやすくなります。脱毛や体重増加、月経異常などがおこります。閉経前後の女性が発症すると、更年期障害と間違いやすいようです。又、無気力になったり抑うつ状態になることもあるため、心の病とも間違いやすいようです。 ほかの病気と症状が似ているため、患者本人が甲状腺の病気だと気づかず、検査を受けていないことが多く、治療を開始するまでに時間がかかっていることがあります。